読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rendezvous!

キミがキミでいてくれるから輝けるよ

私がKAT-TUN沼に落ちるまで〜永遠の新規ごく出が通ります〜

私がKAT-TUN沼に落ちるまで。

 
 
まぁ、私はごく出なんですが。
どなたも興味ないと思いますが沼落ちするまでをタラタラ書きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
KAT-TUN様とのファーストインプレッションは確か2003年(曖昧)。
 
当時から私はジャニーズが大好きで、最初の彼氏堂本剛様を経て、櫻井翔担当をやっておりました。(その頃嵐全然こんなじゃなかった)(櫻井パイセン痩せてて超絶イケメンだった)
 
ジャニーズが好きな友達がいたんですが、その子がKAT-TUNが好きで、しかも亀梨担で、しょっちゅうKAT-TUNの話を聞いてました。
当時の私はあんまりKAT-TUNのことを知らなくて、KAT-TUNってどんなもんなんや!って思って開いてみたんです。duetだったかMyojoだったか覚えてないんだけど。(ホストみたいなファーつけてるやつです)
 
 
 
 
 
っ?!?!
 
 
 
 
 
↑正直な感想これ。
 
 
いやだってね、
いかにもジャニーズアイドル☆みたいな嵐が好きだったので、ちょっと状況を理解するのに時間がかかり…
 
 
特に後の自担となる亀梨くんは一番衝撃的だったような気が。
 
 
えっ…マジか…これ…?
 
 
って感じでした。(ゲッソリ)
 
 
つまりまぁ、全然かっこよくないと思ったんだよね。(白目)
 
 
 
フシ穴中のフシ穴だよね。
タイムリープしてやり直しても許されない罪だよね。
 
それでその時は仁ちゃんが一番かっこいいと思ってた。
まぁかっこいいんだけど。
 
その日からKAT-TUNの推しメンは仁ちゃんになった。(その程度。にわかですらないカスの中のカス)
 
 
 
 
 
ちょっとこの話の番外編で、ここらへんでクランキーのCMが放送されてたんです。確か。
かめかめちゃんが
「俺のクランキー食ったやつ誰だよ〜」
って言うの聞いて、
 
 
あっ声がなんか想像と違う!
思ってたより高くて可愛い!
 
 
って思ったのを記憶しています。
 
あのCMは私に初めてかめかめちゃんの声を聞かせてくれた神CM。←
 
 
 
思えばこの頃からファーストインプレッションで衝撃を与え、無理矢理知識を植え付けるというKAT-TUN様による侵食が水面下で行われ始めていたのかも知れない。←
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから月日は流れ、2005年。
 
まだ櫻井担なんですけど、新横浜付近を通りかかった際、KAT-TUNのファンをたくさん見かけたんですよ。
 
そうです。
 
 
 
 
 
 
海賊帆です。
 
 
その時何を見聞きした訳じゃないけど、おもむろに「あぁKAT-TUNって人気なんだな」って思ったのです。
 
この時点でなんとなくKAT-TUNの人気がどれ程のものなのかとメンバーの顔と名前は一致していたと思う。たぶん。(記憶の引き出しが開かない。)
 
 
 
 
それから本当に程なくして、言わずと知れたごくせん第二シリーズが始まります。いよいよごく出の出番ですね。イェー←
 
 
 
あ、KAT-TUNの2人が出るんだね〜(茶の間)
 
その程度ですよ。
 
 
 
くたばれよと思うでしょ?
 
そうなんですよ。無知って怖いよね←
 
 
きっと仁亀がこれに出演するにあたって、ファンの皆様にはそれはそれはいろんな思いがあったのでしょうね!そんなことつゆ知らず!ぬけぬけと!見始めちゃうわけですよ!ええ!(うるさい)
 
 
 
 
 
 
 
 
それでだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見始めたんだけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どこで堕ちたか分からないんだ。(ハァ?)
 
 
 
 
はいっ堕ちましたー!
 
って瞬間はなくて。
 
何話とかも分からない。
 
でもわりと序盤で、
 
あれ?なんか小田切竜を目で追ってんなー
 
ってズルズルと…
 
 
 
気付いたらそこは…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沼。(ウェルカム!)
 
 
 
気付いたらはやかった。
とりあえず少クラだ。ダビングしてもらったVHS(時代を感じるアイテム)を擦り切れるほど見まくる。(ボニバタとかくそ聞いていた。)
 
全員で歌ってるやつはとにかくどれが誰の声なのか頭に叩き込み、知識を定着させ、その次にKAT-TUNはシンメの宝庫だということを認知…仁亀、でんでん、ロバ丸などなど…なんだこのグループ最強じゃねえか…クソかよ…ってめまぐるしいワンクールでした。
 
 
ごくせん終わって、るっきん。
 
行けなかったけど…再々追加とかこの方たちの人気は果てしないのだなと…なんだかとんでもない沼に足を突っ込んでしまった…と子供ながらに感じておりました。
 
 
その後、修二と彰でかめかめちゃんがデビュー。
 
こちらも色々な思いが錯綜していたと思うけど、KAT-TUNのデビューがそう遠くない気がして、ド新規は希望に溢れました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2006年3月22日、KAT-TUNがデビューすることに!!!
 
すごく嬉しかった。 
 
その情報を知った時、まだファンになって一年も経ってなかったけどこんなに嬉しいなんて。
 
もっとずっと前から応援してた人はもっと嬉しいんだろうな〜って。
 
シングルアルバムDVDしかもなんかすげー初回限定あるし?6人が1人ずつセンターにくるジャケットとかあるし?え?とりあえず出るもの手当たり次第に全部予約しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで運良く3月17日のデビュコンに行けることになります。
 
天井から見下ろした東京ドームのステージ。
初めて見る生のKAT-TUN
 
実はグループ単独コンはKAT-TUNが初めてだったのです!!!
 
感動したなぁ。
 
これから先ずっとこの人たちのこと好きなのかもってちょっと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして3月22日。
 
ついにデビュー。
 
 
 
 
嬉しくて買ったCDなぞ全て持って学校に行った…
なんのために持って行ったのかは未だに不明…
でもそれくらい嬉しかったのでしょう…
 
 
その後も運良く真顔魂も入れて…
 
東京ドームオーラスも居合わせることが出来て、今更だけどすごく恵まれていましたね。
 
 
ONE ON ONEの胸に刻み込む5年の月日って歌詞聞いて、結成からデビューまでいろんな思いがあったんだろうな、って単純に思ったりして。
 
なんとなくずっと好きなのかもってここでもやっぱり思いました。
 
 
ただ、この頃ってごく出に対する当たりがものすごいキツイ時代だったし、カツン担はただでさえ強めな方が多かったのでヒヤヒヤしておりました。笑
 
 
ライブで隣が亀担さんだともう怖くて怖くてw(その名残で今もちょっとこわい)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でもそんな日々から気付いたらもう軽く11〜12年経ってるんですね。
 
 
感慨深いな〜
 
 
 
 
そんな次第でございます。